自分のキャリアのCEOになろう

Hello! こんにちは!

Hire Pundit(ハイヤーパンディット)のYukoと申します。

私たちはインド・アメリカでの活動を経て、2019年に日本拠点を立ち上げたばかり。
そこで何とか皆様にまずは知っていただこうということで、
これから時折ブログを配信していくことになりました!
弊社から見る国際社会や働く環境の動向、それに対して私たちはどう考え動くと良いのか?
など気軽に見ていただける形でシェアしていければと思っています^^
LinkedInにも同時投稿されますので、ぜひLinkedIn上でも私たちをフォローいただけると嬉しいです!

https://www.linkedin.com/company/hirepunditllp/

さて記念すべき第一回目は、
これからはより「“自分が自分のキャリアのCEO”という意識」が大切だよねというお話。
この言葉は以前Forbs という経済誌の記事で見かけて以来、
ずっと心に残っていた言葉なのでぜひご紹介したいと思います。
2020年の幕開けと共に始まった世界的な新型コロナウィルスのまん延。
それに伴い私たちの暮らしや働き方や意識は大きく変化しつつあります。
じわりじわりと、でも確実に。

 

こんな、突然訪れた予想もしない変化に私たちはどう対峙していけばよいのでしょうか?
これまで描いていた人生プランやキャリアプランをゼロベースで再考することを
余儀なくされる方も今後増えてくることが予想されます。
もちろん、コロナ前から既に「企業はもはや終身雇用を守れない」「テクノロジーの進化により従来の仕事は減っていく」
などが声高に叫ばれ変化の兆しはありましたが、
パンデミックという予想だにしない外圧によりそれらは一層加速したように感じます。
では、この誰もが逃れようのない差し迫った変化に押しつぶされないようにするには?
立命館アジア太平洋大学の学長でライフネット生命の創業者でもあり、人生や仕事に関する著書も多く出されている出口治明さんがおっしゃっていた話に「キャリアに大事な要素は”運と適応”」という言葉があります。
世の中には様々なキャリアに関する考え方・戦略の立て方の話や書籍が溢れていて、ついつい難しく考えてしまいがちですが、“運と適応”と言われるとどうでしょう?
“運”については自分ではどうしようもない部分もあるので、
逆に「ならしょうがないか」と良い意味で肩の力が抜ける気がします。
では、“適応”に関してはどうでしょう?
これは自分の努力次第で何とかなりそうですよね!
一つの会社・業界・職種・場所・働き方ばかりに捕らわれず、
一度頭を真っ新にして思い切ってゼロベースで、縦横斜め、縦横無尽に柔軟に、
その時々で自分が使える資源(経験・スキル・特性・興味・繋がり・コミュニティetc)を最大限に活用し、
「組み立て」「必要とされる場所を見極め」そこへ「アピール」していく、そして「考え」「行動」し続ける。
これこそ“適応していく”=“自分が自分のキャリアのCEO”になるということではないでしょうか。
起きてしまった時代の流れはどうしようもありません。
頭を柔らかく、視野を広く、変化に柔軟に適応していくことこそ、
これからの世界の乗りこなし方なのではないでしょうか。
変化に押しつぶされてしまうのではもったいない。
一人でも多くの方が勇気をもって新たな一歩を踏み出されるサポートができればと私たちは思っています。
最後まで読んでいただきありがとうございました!